雑穀の成分に糖質は含まれる?糖質制限によいって本当?

最近よく耳にする糖質制限ダイエット!あなたも気になりませんか?万年ダイエッターの私はすごく気になります。

糖質を制限するだけで食事の量を制限することなく痩せれたら・・それは嬉しいことですよね。ですが、この糖質、色々なものに含まれています。

砂糖はもちろん、よく噛んで甘みを感じるもの・・つまりご飯も糖質が多く含まれる食品の1つなんですね。そうは言っても、日本人だもの。ご飯は食べたい私です。

そんな私に友人が「雑穀は糖質制限によいらしいよ」と教えてくれました。ここでは、雑穀の成分の中に糖質は多く含まれているのか、友人の言う通り、糖質が少ないのか調べてみますね♪

そもそも糖質って何?

糖質は、人間が健康的な生活を送る上で必要な栄養素の1つです。体や頭を動かすエネルギー源といったらわかりやすいでしょうか?

ですが、この糖質。とればとるだけよいということではありません。消費できる以上の糖質を取ると、中性脂肪の値が増加してしまいます。つまり、使わない糖質は体の中に脂肪として貯金されてしまうんですね。

糖質は何に含まれる?

甘いと感じるお菓子はもちろん、お米や小麦などの炭水化物にも多く含まれています。お菓子よりは体によいと思っている果物にも含まれていますね。

それよりも驚きなのは、毎日食べるご飯にも多く含まれているということ!このご飯のコントロールが糖質を必要以上に取り過ぎないキーポイントになるのかもしれません。

雑穀には糖質は含まれる?

雑穀とは言え、穀物ですから糖質が全く含まれないということはありません。茶碗1杯(150g)の糖質量を比べた表が以下の通りです。

  • 白米 55.2g
  • 玄米 51.3g

と思ったよりも差がないのではないでしょうか?ただ、今回は玄米とだけ比べてあるので、様々な雑穀がブレンドされている商品になるともう少し差がつくのではないかと思われます。

ちなみに、糖質の量は「炭水化物量ー食物繊維量」で出るので、商品のパッケージの成分量のところをチェックしてみましょう。

雑穀は糖質制限に役立たない?

実際に糖質だけ見ると、さほど糖質制限には役に立たないかも・・と思ってしまいますよね。でも、糖質制限をする上で大事になってくるのが「食物繊維」なんです。

食物繊維は、便秘を改善するだけではなく、糖質の吸収をゆるやかにしてくれるという大事な働きがあります。よく、ダイエット中は野菜を先に食べなさいと言われるのはそのためです。

雑穀商品によく含まれている押し麦は白米の20倍、もち麦は白米の33倍、アマランサスは白米の15倍もの食物繊維を持っていると言われています。

このような食物繊維を毎日のご飯で食べることで、結果、糖質の吸収が穏やかになり、糖質制限にもつながるのでしょう。

だからと言って、食べ過ぎは禁物!カロリーは白米とほぼ同じです。食べ過ぎることなく、毎日の食事の中で、上手に雑穀を使い糖質制限を行っていきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です