雑穀米の賞味期限とは?いつまで食べられる?

毎日食べている雑穀米。おいしく頂いているのですが、何気なくパッケージの裏を見るとなんと!賞味期限がすぎている!そんな日がありました。

散々子供とおいしく頂き、別にお腹が痛くなるわけでもなかったです。ですが、ここで気になったのが雑穀米の賞味期限です。

私の食べた雑穀米は、すでに賞味期限切れのものでしたが、そもそも雑穀米の賞味期限はどのぐらいなんでしょうか?いつまで食べることができるのか調べてみましょう♪

そもそも賞味期限って何?

お菓子などのパッケージをひっくり返してみて下さい。賞味期限と書かれているものと消費期限と書かれているものがあると思います。

簡単に言うと、期限を過ぎると風味が落ちることもあるけれど食べることのできる食品が賞味期限、過ぎると急に傷んでくるので食べないほうがよい食品が消費期限です。

雑穀米は賞味期限なので、過ぎても急には悪くはならないですね。ただ、賞味期限も消費期限も開ける前までの期限なので、開封後は注意が必要ですよ!

雑穀米の賞味期限はどのぐらい?

精米された日にちや、商品にした日付によって賞味期限は異なります。通常、穀物は1年から2年はおいしくいただけると言われています。

精米前のお米には賞味期限は設定していないですよね。精米前のお米は長い間保存していることが当然なので、最もなことだと思います。

雑穀は精米しているので、賞味期限が設定してあるんですね。それでも他の食品よりはかなり長いこと保存できる商品です。

賞味期限が過ぎた雑穀米は食べて大丈夫?

賞味期限はその日にちまでおいしく食べることのできるという目安なので、私は食べて問題はないと思います。風味が落ちるとかおいしさが賞味期限前より落ちているということはあるかもしれませんね。

ただ、食べてはいけない場合がいくつかあります。

  1. カビが生えている
  2. 虫がいる

この2つの状態の雑穀米は食べないほうがいいと思います。雑穀がどのような状態になっているのが1つ1つ見てみましょう。

カビが生えている

何だかお米が青っぽい!手にすると黒い粉がつく。そんな雑穀はカビが生えている可能性が大です。また、青っぽくなくても、お米が妙に白く濁っている時にも注意が必要です。

実は穀物に生えるこのカビ、カビ毒を持った危険なカビなんです。発がん性があるとも言われています。万が一、カビに気付かず炊いてしまっても、明らかに匂いが違うのでその時は食べるのは控えて下さいね。

虫がいる

白米によくつく虫、「コクゾウムシ」が雑穀米にもつく可能性があります。卵をお米に産み付け、孵化したコクゾウムシがさらに卵を産む・・という状況になってしまうと、雑穀がスカスカになってしまいます。

味ももちろんですが、体にもよくはないので食べない方がよいでしょう。

賞味期限が過ぎてしまったら?

雑穀米の状態を観察してみましょう。変なにおいがする・・黒っぽくなっている・・そんな時は食べるのはやめましょう。

何ともない時は私なら食べます。ですが、自己責任で判断してくださいね。とは言え、風味は落ちているのは事実!開封をしたら早く食べるようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です