三十三雑穀米に副作用はあるの?健康によい?

「健康は食にあり!」一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?国をあげて、なるべく医療のお世話にならない生活をしましょうという「予防医学」の重要性が語られるようになったのも最近だと思います。

脂っこいものばかり食べて、甘いものを好きな時に好きな時に食べてしまっては健康だとは言えないですよね。アラフィフの私がそんな生活をしてしまうと・・たちまち生活習慣病予備軍になってしまいます。

そうならないためにも、毎日の食事に少しだけ気をつけることが必要なんですよ!少しずつ負担にならない食事改善におすすめなのが三十三雑穀米です。

でも、三十三雑穀米は毎日食べるものなので、味だけではなく、万が一副作用があったら・・と不安になってしまいました。

ここでは三十三雑穀米には副作用が本当にあるのか調べてみましょう♪

三十三雑穀米の安全性が気になる!

三十三雑穀米で多くの栄養分が摂れることはわかったけど、安全性は大丈夫なの?と私は気になっていました。リサーチをしていくうちに声を大にして言える自信が!
「安全性に全く問題はありません!」

三十三雑穀米の原材料はすべて国内産。日本の基準で厳しい基準をクリアしたものばかりです。

特に発芽玄米は、三十三雑穀米の製造元である熊本に限定するこだわりぶり!地元の玄米を地元の水を使い、丁寧に発芽させた発芽玄米で味だけではなく、安全性もお墨付きなんですね。

三十三雑穀米に副作用はあるの?

これだけ、安全性に配慮した三十三雑穀米に副作用はありません。健康体の人であれば、まずは副作用が起きるということはないでしょう。でも、気をつけて欲しい人が2タイプだけあります。

1つ目は、胃腸の弱い人です。三十三雑穀米は、つぶつぶ、プチプチ感が楽しい雑穀なのですが、よく噛まないと消化不良になってしまうことがあります。

三十三雑穀米を食べると、白米だけより腹持ちがよいという声が多いのも、この噛み応えのおかげなんですね。噛み応えがあるということは、しっかりかまなければいけないということにもなります!

朝時間がないと流し込むようにご飯を食べるあなた!早食いの癖があるあなたも同じです。白米だけの時よりプラス5回噛むことを心がけましょう♪

また、高齢の方や幼いお子様も注意が必要だと思います。高齢の方や小さいお子様は、消化機能が弱いことがあります。

普段は元気な皆さんでも今日はちょっとお腹の調子が悪い・・何だか少し風邪気味だな・・という時にはお休みをした方がよいと思います。その時は消化機能がいつもより働いていないかもしれません。

2つ目は、お米や小麦にアレルギーを持つ人です。すべての方に反応が出るとは限りませんが、三十三雑穀米の中にもお米と同じ仲間の雑穀、小麦と同じ仲間の大麦や押し麦などが含まれています。

少しでも痒くなったり、肌が赤くなったりするなど症状が出た場合は食べるのをやめて、かかりつけ医に診てもらってください。

アレルギー体質の方は、三十三雑穀米を食べる前にかかりつけ医に相談をしてみることを強くおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です